育星からメジャーへ 時事英文に出てくる受験?英語

この記事は約7分で読めます。

以下解答 (問題はtwitterに)

 

2021年4月13日

・for good (永久に)

 

2021年4月13日

・drain (血の気が引く) 「drain (の排水をする)」を知っていればOK

 

2021年4月12日

・surge (激しく押し寄せる)

 

2021年4月10日

・play with fire (火遊びをする) 万国共通の表現

 

2021年4月9日

・Unit 5 (I went to the summer festival yesterday.)

ただし、本格的に過去形を学ぶのはUnit 10。

 

2021年4月9日

・innovator (革新者)

 

2021年4月8日

・court ((古)言い寄る) 品詞が判断できれば、意味は知らなくてもOK

 

2021年4月7日

・get rid of A (Aを取り除く、免れる)

 

2021年4月6日

・evacuate (避難する)

evacuateは検定教科書New Horizon 3 に掲載されている。

 

2021年4月5日

・resume (~を再開する)

 

2021年4月3日

・conceive (妊娠する)
まず「想像する、理解する」の意味を覚える。

 

2021年4月2日

・by contrast (対照的に)

 

2021年4月1日 (現地時間は3月31日)

・immediately (すぐに)

 

2021年3月30日

・embark on A (Aに着手する)

 

2021年3月29日

・as A as ever (相変わらずA)

 

2021年3月27日

・around the clock (24時間)

 

2021年3月26日

・on the brink of A (A寸前)

 

2021年3月25日

・cursed (呪われた)

 

2021年3月24日

・numerous (多数の)

 

2021年3月23日

・eligible (資格がある)
・regardless of A (Aに関わらず)

 

2021年3月22日

・ban ~ (~を禁止する)

 

2021年3月20日

・meteorological (気象の)
大西洋側の2巡目はAdriaから始まるようだ。

 

2021年3月19日

・ミツマタ (写真をクリックすると分かるように、本当に枝が三叉になっている)

 

2021年3月18日

・disinformation (誤った情報)

 

2021年3月13日

・形式目的語 (make it a rule to doのitと同じ)

 

2021年3月12日

・hold back A (Aをためらう)

 

2021年3月11日

・as of ~ (~の時点で)

 

2021年3月11日

New Treasure 2 Lesson 8 Readに以下の文がある。

The President of the IOC opened the Olympic Games with a moment of silence, (以下略)

 

2021年3月10日

・fall into A (Aに分類できる)
・20 miles per hour は時速32 km

E-bikeを日本で運転するには原付免許が必要かもしれない。
(日本の電動自転車のアシスト機能は時速24kmまで)
28 miles per hourは時速45 km。

 

2021年3月9日

・ add up to A (Aということになる)

 

2021年3月8日

・run out of A (Aを使い切る)

 

2021年3月7日

・blame

「A is to “blame” for Bと書くが、意味は受け身」と覚えるほうがよさそう。

 

2021年3月6日

・cannot help but (smile) = cannot help smiling

(cannot help but (動詞の原形) は口語)

 

2021年3月6日

・for

①付帯状況のwith
②far from
③blame A for B (AのことでBを非難する)

 

2021年3月5日

・Aのことで頭がいっぱいで

 

2021年3月4日

・quota 割り当て

 

2021年3月3日

・今のところまったく終わっていない。

 

2021年3月2日

・from
distribute 分配する→配信する

 

2021年3月1日

・elusive 手に入れにくい

 

2021年2月28日

・defendant 被告(-ant = ~する人→defendする人)
・今回のbuy ~を真に受ける

 

2021年2月27日

・be up to A 今回は「A次第である」の意味

 

2021年2月26日

・on the increase 増加中で

 

2021年2月25日

・figure out 解決する

 

2021年2月25日

・be vulnerable to A Aに弱い

 

2021年2月24日

・that (先行詞が-thingだからthatが好まれる) 。

 

2021年2月23日

・by (a year) (1年)だけ

 

2021年2月22日

・be supposed to do ~ ~することになっている。

 

2021年2月22日

・case(s) 症例

 

2021年2月21日

・be named (after) A Aにちなんで名づけられる

 

2021年2月21日

・count on A Aをあてにする

 

2021年2月20日

・shortage 不足

 

2021年2月19日

・last 持ちこたえる、持つ

 

2021年2月18日

・述語動詞(V)は  say(s)

 

2021年2月18日

・~もそうだ。

語順が倒置している。

 

2021年2月17日

・have yet to do まだ~していない

 

2021年2月16日
・compare A with B

くだけた会話ではtoもOK

 

2021年2月15日
・フィジカル (physical)

ただし、googleで検索すると

social distancing 2.7億hits

physical distancing 2.1億hits

 

アメリカCDCによると

Social distancing, also called “physical distancing,” means keeping a safe space between yourself and otherpeople who are not from your household.

 

 

2021年2月14日
・on top of ~ ~に加えて

 

2021年2月13日
・set off 引き起こす

 

2021年2月12日
・ward offで近寄らせない(知らなくてもOK)
(LEAPにwardは掲載されていない。システム英単語には名詞のwardのみ掲載)。

 

・日本で最初(1920年)にセーラー服を制服に採用したのは、平安女学院((旧)平安高女)。

 

2021年2月11日
・強調構文の一部(it is ~ who)。強調しているのは主語。

 

2021年2月11日

・複数 (動詞phoneにsがついていない)

 

2021年2月10日
・As 比較級, 比較級なので「比例(~つれて)」

 

2021年2月9日
・windの過去形は wound [発音はwaund]

タイトルとURLをコピーしました