ADさん(2018年 立命館大学 文学部 地域研究学域 合格 花園高校卒)

この記事は約2分で読めます。

私が育星舎のVキャンパスに入ったのは高校2年生の中頃です。もともと1年生の頃の成績は評定平均4.0しかなく、このままでは指定校推薦が貰えないと思いました。またその当時通っていた塾では成績は伸びないと思ったので、塾を変えました。

その頃の私の弱点は数学だったので、数学を中心に指導してもらうことになりました。それから先生と一緒に分からないところを徹底的に理解できるようにして、授業終わりに自力で解けるようにしていました。すると、数学が苦ではなくなり、勉強自体の苦手意識はだんだん薄れていきました。そして、1年生の頃は3だった数学が、2年生の最後には数学2科目とも5が取れるようになりました。その頃から自分に合った勉強方法が分かるようになって、テスト勉強が楽しいと思うようにもなりました。

3年生の成績は評定平均4.8になり、憧れの指定校に手が届くようになりました。恐らく私が育星舎にきて、佐藤勇介先生に見てもらえなかったら、成績は下がっていただろうし、指定校推薦なんて絶対に貰えなかったと思います。私が志望校に合格したのは、育星舎のおかげだと言っても過言ではないです。本当にありがとうございました。

ADさん(2018年 立命館大学 文学部 地域研究学域 合格 花園高校卒)のお母さん

この度は、希望大学に合格することができ、本当に家族一同喜んでおります。

娘は、数学、物理など特に理数系が苦手で高1秋頃から、別の塾へ通わせておりました。しかし、一向に成績が上がらないこともあり、藁をもすがる思いでこちらの塾へ、相談しに行かせて頂きました。快く頑張ってみましょうと言って頂き、高2の2学期からお世話になることになりました。

娘の理解度を把握しながら、丁寧に指導していただいたおかげで、その後数学は3から5へ、英語も4から5に驚異的に成績が上がり、3年生1学期には、文系クラスでは2位となりました。

そして、第一希望の立命館大学へ推薦を勝ち取ることができました!これも、娘のやる気を起こしていただけた、先生のきめ細やかな御指導のおかげだと、感謝しております。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました