Wさん(2016年 同志社大学 文学部(英文学科)合格 京都女子高校卒)

この記事は約3分で読めます。

私は中3の夏にVキャンパスに入りました。そのときは英語は得意科目だったので、苦手だった数学を教えてもらっていました。

そのおかげで、高校に入ってからも数学は平均点を下回ることはなかったけど、英語は余裕をこいているうちに、中学とは比べものにならない小テストの回数や宿題の量についていけなくなり、定期テストの点数はだだ下がりしました。大学で英語を学びたいと思っていたのに、そのうちまた元に戻るだろうと思ってのん気にすごしていたら、あっという間に高3になってしまいました。

高3になっても模試などの英語の点数は最悪で、英語を学びたいという人の点数ではありませんでした。点数が悪かった理由は、単語力が全然なかったことでした。今まで単語力については、先生から何度も言われていました。高3になってようやくそれを痛感した私は、それから英単語を必死に覚え、塾での単語テストを受験がおわるまで受け続けました。そのおかげで単語力がつき、テストの英語の点数は大幅に上がりました。

先生方のサポートのおかげで希望の大学に合格することができました。感謝の気持ちでいっぱいです。大学に入ってから、自分の夢に向かって頑張ります。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

Wさん(2016年 同志社大学 文学部(英文学科)合格 京都女子高校卒) のお母さん

妹が育星舎の入江塾でお世話になっていたこともあり、塾に行くならVキャンパスと決めておりました。分からないところを質問したり、積極的に先生に話しかけられるような娘ではないので、少人数で一人一人きちんとみていただけるこの塾は娘にピッタリだと思いました。

最初は苦手な数学を主にみていただきましたが、林部先生の説明は大変分かりやすく、徐々に学校の定期テストで成果として現れました。

高3となり大学で学びたいことは決まっているようでしたが、なかなか志望大学を決められませんでした。人の意見に左右されフラフラしている娘を見て、このまま大学受験を迎えてしまって大丈夫なのだろうかと不安になりました。

しかし12月の頭にやっと行きたい大学が決まり、そこからものすごい集中力で勉強を始めました。先生方にも娘にあった指導方法で確実に力を付けさせていただきました。何よりも分からないことがすぐに聞けて解決できる環境は大変ありがたかったです。

娘はこの勉強方法でいいのだろうかと疑問に思ったり、周りの生徒さんたちと自分を比べ不安を口にすることも度々ありました。そのたびに「林部先生に相談してごらん」と何でも林部先生を頼るように娘には言ってきました。毎回的確なアドバイスで、勉強だけではなく精神面でも支えていだだきました。

無事に合格することができ、Vキャンパスに通って本当に良かったと思います。林部先生を始め、ご指導いただいた先生方、お世話になりました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました